内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の違い

内臓に脂肪がたまっている肥満は内臓脂肪型肥満、皮下に脂肪がたまっている場合は皮下脂肪型肥満といいます。肥満型はこの2つに分けられます。男性に多いのが内臓脂肪型、女性に多いのは皮下脂肪型と言われています。

内臓脂肪型肥満はメタボリックシンドロームの診断基準になっています。内臓脂肪型肥満は様々な病気を引き起こしてしまう可能性があります。

ウエストが男性なら85センチ以上、女性なら90センチ以上だと内臓脂肪型肥満が疑われます。内臓脂肪は皮下脂肪と違って生活習慣の改善で減らすことが可能です。

バランスのよい食事と適度な運動をすることがおすすめです。バランスのよい食事は定食をイメージするとわかりやすいです。適度な運動はウォーキングが手軽です。またスロートレーニングも効果的です。

スロートレーニングとは筋肉の発揮張力を維持しながらゆっくりと動作するレジスタンス運動のひとつの方法です。比較的軽めの負荷であっても、ゆっくりと動作することで筋力増強効果を得ることができます。

 

肝臓の機能低下により起こる病気や症状とは

肝臓は解毒作用がありアルコールなどを分解する働きがあります。ですがアルコールを毎日飲んだり、ストレスが溜ると肝臓の機能が低下して肝細胞が壊れてしまうので注意が必要です。

肝臓の機能低下によりメタボや胆石症といった病気になるリスクが高まるのでアルコールはほどほどにする必要がありますし、さらにはストレスも定期的に発散するように心がけて下さい。

ちなみに胆石症とは胆嚢、胆管に胆石が出来る病気で腹痛や黄疸、発熱といった症状が見られます。ですがこれらの症状が見られる状態ではかなり肝臓の状態が悪いということが出来ます。

肝臓は沈黙の臓器とも言われ少々弱っているくらいでは症状が出ないので病気の発覚が遅れがちです。なので健康診断は毎年受けて数値を確認することが重要です。

またメタボは様々な病気のリスクを引き上げることになるので日頃からメタボを予防、対策をすることが重要です。生活習慣や食生活の改善も必要ですが、手軽にできる方法の1つに肝臓にすごくいいサプリメントを挙げることが出来ます。

 

ビタミンB群で内臓脂肪が減らせる

ビタミンB群は摂取をすると活発に働き内臓脂肪の解消に効果があり、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えてくれます。ビタミンB2は脂質をエネルギーに変えて、ビタミンB6はたんぱく質をエネルギーになります。

ビタミンB7であるビチオンは、糖質や脂質の代謝を助けてくれます。またビタミンB2とB6は、背中のニキビを改善する効果があります。背中のニキビは皮脂の分泌の多さが原因で出来るので、皮脂の分泌を抑える動物性の脂肪の摂取を控えてビタミンB群を積極的に摂取する事です。

ビタミンB2は脂質の代謝を促進して、皮膚の再生に働きかけてくれます。ビタミンB6は脂質の代謝をサポートして、欠乏するとアレルギー症状が出る事があります。

ビタミンを摂取する事で、内臓脂肪を増やしたり背中にニキビが出来るのを予防出来ます。ビタミン類は食べ物から摂取する事が出来るが、手軽に必要量が摂取出来るがサプリメントです。サプリメントなら、毎日飲むだけで良いですし、一緒に摂った方がいいビタミンが2種とも配合されていたりするので便利です。

 

しじみサプリの効果について

しじみサプリの効果としては二日酔い対策としてお勧めと言えます。飲むタイミングとしては酒を飲んだ後でも効果は期待できますが、お酒が弱い人は事前に摂取しておくといいでしょう。

その訳はお酒を飲んでいる最中にも肝臓の働きをサポートしてくれるからです。アルコールを飲んで気持ちが悪くなるのはアセトアルデヒドが原因でこの物質は肝臓がアルコールを分解する際に発生します。

つまりお酒に弱い人はアセトアルデヒドを分解出来ない体質と言えますが、しじみサプリを飲むことで不快感の予防、翌日の目覚めをスッキリしてくれます。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれて異常が発見しにくい臓器なので見つかってから治療するより予防をして健康な状態を維持することをお勧めします。

さらに肝臓の健康の為にはしじみの他にもスクワレンが配合されたサプリがお勧めと言えます。

スクワレンには酵素と結合して肝臓に酸素を運搬する作用があり、他にもL-シスチンという体内でL-システインに変換さる成分も肝心要に重要な役割を担うグルタチオンを生成する非必須アミノ酸なので摂取を心掛けましょう。